どうも、ピン今川です。

以前、海道河童(小)から、プリズムスキマーにバージョンアップしたので、今日はプリズムの性能なんかを書かせていただきたいと思います。

プリズムスキマーは、レッドシーから販売されている、割と値ごろなスキマーです。

古いですが、古いからヤフオクでもよく出てるし、新品も販売されている、現役スキマーです。

海道河童がウッドストーンなのに対して、プリズムはベンチュリー式と呼ばれるタイプです。

プリズム
ベンチュリー式なので、非常に細かい泡が立っているのが見て取れると思います。

で、どれぐらい汚れが取れるかというと。

プリズム 汚水カップ

これぐらい取れます

これは、掃除してから1週間ぐらい稼働させた時の、汚水の感じです!

メディアバスケット

オーバースキムじゃなくても、これぐらい汚水が取れちゃいます。

汚れを含んだ泡が出ているのがわかると思います。

汚水計る

だいたい250ccほど取れていました。

まぁ、色も濃く、液体のニオイも強烈で、表現するなら、『濃縮された海』もしくは『25年前にできた公衆便所』って感じのニオイがします★

そのくらい、しっかりと汚れが取れていると思います。

で、プリズムでよく言われているのが『音がうるさい』ということですが、確かに、普通に水槽にハングオンして使用すると、大体の奥さんから「うるさい!」「寝れない!」と苦情が来そうな音です。

で、これの解決法なんですが、

何も入っていない部分に水を入れると非常に静かになります!

ほんとに、音が半減します!

で、水が腐るとかが心配の方は、この部分にウールを詰めると同じような効果が得られます。

水の場合は何もしない場合より半減、ウールの場合は3割減といった印象です。

で、よく、アップグレードキットがセットで売っているんですが、サーフェスカップは、水位の調整が難しく、油膜は取れにくいです★

役に立つとすれば、イソギンチャクのバリアーになるぐらいですかね~。

でも、メディアバスケットと言われる、小さいカゴは最高です♪

メディアバスケット

このカゴにウールを詰めれば、水槽内への泡戻りをだいぶ防ぐことができます。

僕の場合は調整がうまくいっており、泡戻りもそんなに気にならなかったので、ろ材を入れていました。

で、あと、泡戻りを防ぐ方法としては、水の出口のところにウールを置くと、だいぶ泡を防ぐことができます

バイコムのバフィーボードを切って使うのもいいかも知れません。

で、プリズムのプチ改造としては

プリズム エア

写真のように一方コックをつけて、倒すことによって遮断、起こすことによって泡が起こる、って感じになります。

これですごく掃除なんかのメンテナンスがしやすくなります!

だいたいこんな感じですが、もちろん水槽にハングオンでも使えますが、サンプにもちょこっと掛けても使えるので、水槽の美観を保てたりします!

個人的には、60サイズの水槽なら、ベストチョイスではないけど、今でも全然使えると思ってます。

以上、プリズムの感想でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ピン今川の厄年から逃げたいけど、逃げないブログ。略して『ピン逃げ』 保育士試験の情報や、保育所看護師、海水魚飼育、ビオトープなどなど、ピン今川の日々思うことを文章化しています。